お知らせ

6月18日 22:22発生 新潟山形地震

震源地は会社のすぐ近く

自宅で本を読んでいる時でした

人生で感じたことのない揺れ

震度6

この状況で冷静に対処できる方がいるのだろうか?

と思うほどの恐怖の体験でした

着の身着のまま家を出て、避難場所である高台へ

同じ避難場所へ来ていたスタッフ何名かとも会い

皆で津波の情報に耳を傾けていました

津波の警戒が解除になったのは翌日1:30頃

今回の地震で不幸中の幸いと言えば

会社にも自宅にも被害はありましたが

スタッフとその家族、人命に被害がなかったことです

(それどころか今日のニュースで確認しましたが、新潟県村上市と山形県鶴岡市でも死者ゼロ)

規模は違うかもしれませんが

東日本大震災、熊本地震を経験された方々

「眠れない夜を過ごす」とおっしゃっていましたが

この意味が本当に分かった気がします

もう余震が来ないことを祈り

世界中に地震が来ないことを祈りたいです、心の底から

一言。されど一言

日曜日 ドライブ

風は冷たいが空気も澄み、良い天気がだいぶ増えてきました

なんとなくあっさりしたラーメンが食べたい気分ということで検索

走っている中、近くに支那そば屋を発見!

「ぐゎらん洞」 新潟市東区

歳が若めの夫婦?で営んでいる様子

今回のタイトルですが、ラーメン屋で初体験

とんこつラーメンで有名な「一蘭」

「ありがとうございました」の代わりに「幸せを~」

はご存知の方もいると思いますが

ここ「ぐゎらん洞」は

「ありがとうございました」の代わりに「いってらっしゃーい」

一言。されど一言。

心もお腹もご馳走様でした(ほっこりしました)

ここから見える景色

新年明けましておめでとうございます

私はここから見える景色が好きだ

会社が見え、厳島神社が見え、粟島が見える

そしていつかスタッフ皆に見せたい景色がある

今はまだ実現できていません

これからも幾度となく壁にぶつかると思いますが

大和のスタッフ皆の力が一つになれば

いつか必ず皆で一緒に見れる景色だと信じ、邁進するのみです

現場が動いていない今日は海が凪いでいる様に静か

2019年 皆さま、本年もどうぞ宜しくお願い致します

 

話は変わり、たまには趣味の話でも・・・

今年一発目の映画は「ボヘミアンラプソディー」

タイトルからもわかるようにバンド「QUEEN」の結成から最後までの実話です

内容は割愛しますが、ラスト10分は鳥肌ものでした(実際あの場にいたら大号泣したと思います)

2001年公開の映画「ROCK STAR」もおすすめです

主演 マーク・ウォルバーグ

良ければ良いなりに 悪ければ悪いなりに

スタッフ皆のおかげで2018年、なんとかではありますが無事に終えることができました

皆いつも本当にありがとう

今年の反省は、来年に必ず生かします

2019年 最大の課題は「個」の成長です

皆を巻き込む改善を実施。そして大和工業として更なる成長を!!

今年は30年以上、弊社のみで生産していた製品がなくなり

その代わりとして新しい業務をお客様に任せていただきました

Q(品質)D(納期)C(売上) 全体の場で伝えた結果を基に

皆がどう動けるかが注目です

来年がどうなるかはわかりませんが

やらなければいけないことをきちんとやる

やるか、やらないかではなく

やる

これに尽きると思います

 

ヘミングウェイの言葉

今はないものについて考えるときではない

今あるもので何ができるかを考えるときである

 

今回は近所のマックスヴァリュさんで「TOPVALUの五割蕎麦 店内調理のかきあげ」

タレだけは昆布から出汁を取るところから始まり

茅乃舎の野菜と煮干しも使用し、魂込めて作りました。タレだけは(笑)

今年も関りのあった全ての皆さま、本当に有難う御座いました

急成長している企業

10/31 鶴岡市に「いきなりステーキ」がOPENしました

さすがに全員とはいきませんでしたが

いきなりステーキを食べさせたいと思い(私も初)

スタッフ6名を連れて行ってきました

OPEN当日ということもあり、人が沢山並んでいました(テレビカメラ報道系も)

個人的にはペッパーフードサービスが運営する

ここ数年で急成長を遂げた「いきなりステーキ」を体感するのが狙いです

行ってみての感想(個人の意見)として

価 格・・・ステーキとしては安いと思うが、この価格帯なら他にもある

味・・・・・価格相応

その他・・・鉄板が冷めるのが早い(ペレットがあると嬉しい)

      田舎でも立ち席があった方が良いのでは?

サービス・・忙しいことは言い訳できないと思うので✖

     (連携がとれていない、研修は本当に合格したのかと思うレベルの方が数名いた)

隣のお客様は実際に相当怒っていた(注文がこない、呼び出しボタンがない)

 

ステーキとしては安いかもしれませんが、やはりランチやディナーと考えると

月に何度も来れる方は決まってくると思います

何か手を打たないと3年もたないような気が・・・

せっかく鶴岡市に出店していただいたので、応援の想いもありこんな感想となりました

 

そして改めて「共育」「育成」「指導方法」の大切さを教えられました

「人を育てる」本当に難しいことです

今度はプライベートで「串カツ田中」へ行ってみたいと思います

ご馳走様でした

start over

今日はある方と真剣な話をしました

とても勉強になり、色々と考えさせられました

 

文章の言葉遣い、失礼します

 

会社が好きだ

スタッフ全員が大切だ

 

どんなに強い想いがあっても、相手に伝わらなければ意味がありません

 

原点に戻って一からやり直し

やろうとしているのは難しいことへの挑戦

 

とにかく皆で笑いたい

 

これから「が」

これまで「を」変えていく

2019年4月より新社会人になる皆さんへ

明日より高校生の求人受付がスタートします

大好きな先生の言葉を引用しながら、皆さんへ私の想いを伝えたく投稿しました

ほんの少しでも伝わるものがあれば幸いです

 

人生の節目、大人の仲間入りなど20歳のイメージが強いですが

それと同等、もしくはそれ以上に18歳は大切な時期だと思っています

皆が皆とは言いませんが、就職するにしても、進学するにしても

親へ自分の意志を伝え、承諾をもらい、そこへ行く為に多大な努力をする

大袈裟ではなく【未来を決めるはじめの一歩】と言っても過言ではありません

18年生きてきましたね?寿命が80年だとします。あと60年ちょっとどうやって生きますか?

この問いに全身全霊で立ち向かわないといけない期間がやってきました

「自由」が手に入り、それに伴う全ての「責任」をとることになるのも大きな変化だと思います

※個人的な意見です 一人暮らしは人生で一度是非してみて下さい

 

弊社は決して大きな会社ではありません

しかし、その分一人一人の力が非常に重要です

弊社にとって、人はパズルのピースでもありませんし、歯車の一部でもありません

この鶴岡市鼠ヶ関で一日でも長く会社を経営していくという信念を達成する為の仲間です

 

とあるサイトより、ゆとり世代の特徴⑩というのがありましたので紹介します

①手っ取り早く成果をあげたい

②自主性がない指示待ち人間

③何よりもプライベート優先

④すぐに結果を求める

⑤自分の成長につながることしか興味なし

⑥叱られるとすぐ萎縮

⑦恋愛に興味がない

⑧会社の飲み会に参加しない

⑨ギャンブルをしない

⑩物やお金への執着が薄い

だそうです

 

15歳~30歳 ゆとり世代と言われる方、実際に当てはまりますか?

逆に

35歳以上の方がこの10つの項目を読んだらどう思うのでしょうか?

・まさにその通り

・多く当てはまる

・全然違う

35歳以上の方。自分で自分のことを思い出してみて下さい

自分はそんなに立派な18歳から始まり、社会にバッチリと適合して、出世街道まっしぐらでしたか?

目の前の人をきちんと見て

新人の失敗は自分の責任という気概で

教える側も教わる側も共に育つという精神で

根気強く接すれば、相手も変わるのではないでしょうか?

 

勿論本人の努力が一番です

仕事の楽しさ、やりがいを見つけるのも自分次第です

貴方の力を存分に発揮して、大和工業の歴史に足跡を残してみませんか?

弊社には新しい、若い力が必要です

考えることを止めなければ、人は生涯成長できる生き物だと思います

母の日

親は産まれてくる子供を選べません

また逆に

子も生まれてくる家を選べません

こんな話を聞いたことがありますが

私はこの両親のもとに生まれて良かったと心の底から思っています

厳しさの中に、その倍の優しさのある父

おっちょこちょいですが、芯も心も本当に強い母

父はもう他界していますが

母にはその分長生きしてほしいものです

このお弁当は母と祖母がとても好きなのですが

いつかうちのスタッフ全員にも食べさせたいと思うほど

私もお気に入りです

新潟市中央区の某御弁当屋さんより

行列のできる〇〇

嬉しい限りなのですが、なぜ鶴岡市なんだろうと少し思っています(笑)

5月2日にオープンしました

高級【生】食パン専門店 乃が美

オープンの様子を見に行った友人にもらった写真

ほとぼりが冷めたら、買いに行こうと思っていたら・・・

昨日お世話になっている地元の大先輩に頂きました

食べてみると【生】の意味がわかります

皆さんも是非ご賞味下さい!!

第十三回 独立記念式典

4月1日 日曜日

曜日には関係なく【4月1日】に拘り、今年で十三回目の開催となります

会社の行事で一番大切にしているもの

この日から気持ちを新たに「また皆で頑張ろう!」という決意の場でもあります

勿論、皆を労う場でもあるのですが

この行事をこのように開催できることは決してあたり前ではなくて

経営者として開催できることに毎度喜びを感じています

実際三回ほどは不景気などの影響で、開催できない年もありました

個人的には一年の中で、一番緊張する日です

先代社長の想いがその日は降りてくるのか、何度経験しても慣れません

来週月曜日からもスタッフが新しく2名入社しますが

従業員54名 その家族合わせ約200名

両の肩に「責任とプレッシャー」を背負い

しかし、それらに決して飲み込まれないように成長、進化できればと思います

残された時間はあっという間、案外これっぽっちしかありません

「どうしようか」と考えない人に、未来が「どうなるか」は見えません

気を引き締め直し、精進します