第十六回 独立記念式典 

第十六回 独立記念式典 

前年はコロナの影響で開催できず

今年こそは通常どおり「鮨処 朝日屋」での開催ができるよう準備していましたが

山形県で2週間前より二桁で感染が拡大中の為、急遽断念

ですが、形を変えて社内で開催(2部交代制は守りながら)

スタッフへどれほど想いが届いているかわかりませんが、会社にとって本当に大切なイベント

独立していなければ今日現在大和工業は存続しません、間違いなく

会社は立ち上げるのも、潰すのもきっと簡単

続けていくことが何より難しい

日本全国で数値化されていない全ての解雇者数を調査すれば

裕に15万以上の方がいるはずです

危機感は自分で持つもの。これは他人事ではありません

毎年この日を迎えられるよう、生き残りを賭け変化しながら進むしかありません

 

今まではこれで良かった!を疑え!

最初から成功が保証された挑戦なんかない!

 

鼠ヶ関に大和工業があること

地元にとっては本当に大きな意味があります

 

父が亡くなりもうすぐ14年が経とうとしています

ここまで大和を守り、存続できているのは奇跡ですし

言葉では語りつくせない想いが溢れています

 

下の画像は皆で食べたお膳(朝日屋)。お土産の紅白饅頭。本日の桜です

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは親子なので、言葉遣いは勘弁していただいて・・・

やったぜ、親父。また1年なんとか皆で乗り越えた